↓このページの文末へジャンプ

NTPサーバーの設定方法 CentOS 5.7

↓このページの文末へジャンプ

標準表示・フレームモードに移行します。 その後 希望のメニューを選んで下さい。

2013/12/12

 NTPサーバーに依る時刻同期の設定を行うには、先ず [アプリケーション]→[アクセサリ]→[GNOME端末] root権限 に切り替えます。

 

    [ted@localhost ~]$ su

 パスワード:(エコーバック無し)        ← パスワードを入力する事
 
[root@localhost ted]#

 

 

1./etc/ntp.conf の編集

  別項のに従って CentOS 5.7 をインストールすると標準でNTPもインストールされています。 [アプリケーション]→[アクセサリ]→[GNOMEテキスト・エディタ] gedit /etc/ntp.conf ファイルを次のように編集します(行頭に # を記述するとその行はコメント扱いとなる)

 

[root@localhost ted]# gedit /etc/ntp.conf

(↓編集内容)

# ---------------------------- キリトリ ---------------------------------

# gedit /etc/ntp.conf

# Permit time synchronization with our time source, but do not
# permit the source to query or modify the service on this system.
# デフォルトでは全てのホストとのNTP通信を許可しない
restrict default kod nomodify notrap nopeer noquery
restrict -6 default kod nomodify notrap nopeer noquery

# Permit all access over the loopback interface. This could
# be tightened as well, but to do so would effect some of
# the administrative functions.
# ローカルホストからのNTP通信を許可する
restrict 127.0.0.1
restrict -6 ::1
# 上位NTPサーバとの通信を許可する
restrict ntp1.jst.mfeed.ad.jp
restrict ntp2.jst.mfeed.ad.jp
restrict ntp3.jst.mfeed.ad.jp


# Hosts on local network are less restricted.
# LANのNTP通信を許可する
# restrict 192.168.1.0 mask 255.255.255.0 nomodify notrap

# Use public servers from the pool.ntp.org project.
# Please consider joining the pool (http://www.pool.ntp.org/join.html).
# NTPサーバの指定
# server 0.centos.pool.ntp.org
# server 1.centos.pool.ntp.org
# server 2.centos.pool.ntp.org
# server 3.centos.pool.ntp.org
server ntp1.jst.mfeed.ad.jp
server ntp2.jst.mfeed.ad.jp
server ntp3.jst.mfeed.ad.jp


#broadcast 192.168.1.255 key 42 # broadcast server
#broadcastclient # broadcast client
#broadcast 224.0.1.1 key 42 # multicast server
#multicastclient 224.0.1.1 # multicast client
#manycastserver 239.255.254.254 # manycast server
#manycastclient 239.255.254.254 key 42 # manycast client

# Undisciplined Local Clock. This is a fake driver intended for backup
# and when no outside source of synchronized time is available.
# NTPサーバとの同期に失敗した場合はローカルクロックと同期させる
server 127.127.1.0 # local clock
# ローカルクロックの優先度は10とする
fudge 127.127.1.0 stratum 10

# Drift file. Put this in a directory which the daemon can write to.
# No symbolic links allowed, either, since the daemon updates the file
# by creating a temporary in the same directory and then rename()'ing
# it to the file.
# NTPサーバとローカルマシンの時刻のずれを管理するdriftfileを指定する
# driftfile /var/lib/ntp/drift
driftfile /etc/ntp.drift

# Key file containing the keys and key identifiers used when operating
# with symmetric key cryptography.
keys /etc/ntp/keys

# Specify the key identifiers which are trusted.
# trustedkey 4 8 42

# Specify the key identifier to use with the ntpdc utility.
# requestkey 8

# Specify the key identifier to use with the ntpq utility.
# controlkey 8

# ---------------------------- キリトリ ---------------------------------

 

Go to ... ntp.conf設定(例)

 

 

 

 

 

2.NTPサーバーの起動
 /etc/ntp.conf の編集を終えたら、サーバーを起動/再起動して設定を有効にします。


[root@localhost ted]# /etc/init.d/ntpd start
ntpdを起動中: [ OK ]

#### 又は ####

[root@localhost ted]# /etc/init.d/ntpd restart
ntpdを停止中: [ OK ]
ntpdを起動中: [ OK ]

 

サービスに追加
[root@localhost ted]# chkconfig --add ntpd
ランレベル2〜5のon確認
[root@localhost ted]# chkconfig --list ntpd
ntpd    0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
ランレベル2〜5をonする
[root@localhost ted]# chkconfig ntpd on

ランレベル2〜5のon確認
[root@localhost ted]# chkconfig --list ntpd
ntpd    0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off

 

 

 

 

 

 

3.NTPの動作確認(サーバーとの同期完了まで数分掛かります)

[root@localhost ted]# ntpq -p
remote refid st t when poll reach delay offset jitter
==============================================================================
 ntp1.jst.mfeed. 172.29.2.50 2 u 58 64 1 23.515 0.167 0.001
 ntp2.jst.mfeed. 172.29.2.50 2 u 57 64 1 25.636 0.869 0.001
 ntp3.jst.mfeed. 172.29.3.60 2 u 56 64 1 21.157 3.110 0.001
LOCAL(0) .LOCL. 10 l 55 64 1 0.000 0.000 0.001

######### 5分間待つ ########## ntpq -p コマンド再発行


[root@localhost ted]# ntpq -p
remote refid st t when poll reach delay offset jitter
==============================================================================

+ntp1.jst.mfeed. 172.29.2.50 2 u 1 64 177 23.089 2.014 2.336
+ntp2.jst.mfeed. 172.29.3.50 2 u 5 64 177 23.014 2.354 2.222
*ntp3.jst.mfeed. 172.29.3.60 2 u 4 64 177 18.873 4.612 2.197
LOCAL(0) .LOCL. 10 l - 64 177 0.000 0.000 0.001


######## 左端に * の付いたサーバーが表示されたらそのサーバーと同期完了です。

 

 

 

 

 

 

4.システム起動時に時刻調整させる(7項参照)
 /etc/ntp/step-tickers に公開NTPサーバーのホスト名を記述しておくことでシステム起動時に時刻調整を行った後にNTPを起動するようになります。

 

[root@localhost ted]# gedit /etc/ntp/step-tickers

(↓ファイル内容)

# ------------------- キリトリ ----------------------
# gedit /etc/ntp/step-tickers
ntp1.jst.mfeed.ad.jp

# ------------------- キリトリ ----------------------


 以上のように /etc/ntp/step-tickers を編集したらNTPの再起動を行います。通常の再起動に加えて ntpd:時間サーバと同期中: という操作が追加される筈です。

[root@localhost ted]# /etc/init.d/ntpd restart
ntpdを停止中: [ OK ]
ntpd:時間サーバと同期中: [ OK ]
ntpdを起動中: [ OK ]

 

 

 

 

 

5.タイムゾーン JST の確認

 日本標準時 JST に設定されているか否か確認します。
[root@localhost ted]# date
2013年 12月 12日 木曜日 21:10:11 JST


上のように JSTに設定されている筈ですが万一 UTC等になっている場合は次のコマンドで JSTに設定します。

[root@localhost ted]# export TZ=Asia/Tokyo

 

 

 

 

 

 

6.時刻の即時調整

 (手動で)直ちに時刻を調整したい場合は一旦NTPサーバーを停止させてから時刻の調整を行います。

[root@localhost ted]# /etc/init.d/ntpd stop
ntpd を停止中: [ OK ]

[root@localhost ted]# /usr/sbin/ntpdate ntp1.jst.mfeed.ad.jp
12 Dec 21:16:13 ntpdate[7638]: step time server 210.173.160.27 offset 0.980045 sec

(おまけ)

マザーボード上のリアルタイムクロック(RTC)と同期
[root@localhost ted]#
hwclock --systohc

 

 

 

 

 

7.毎日1回、時刻同期を行わせる(4項参照)
 D−STARのサーバーは365日24時間 連続運転で使用するので、システム起動時に時刻同期を行っただけでは不十分です。1日に1回、時刻同期を行なわせる為 /etc/cron.daily/ntp.cron ファイルを新たに作成し、次のように編集します。

 

[root@localhost ted]# gedit /etc/cron.daily/ntp.cron

(↓ファイル内容)

# --------------------- キリトリ -----------------------
# gedit /etc/cron.daily/ntp.cron

#!/bin/sh
/usr/sbin/ntpdate ntp1.jst.mfeed.ad.jp

# マザーボード上のリアルタイムクロック(RTC)と同期
hwclock --systohc

# --------------------- キリトリ -----------------------

 

 

 

 

 

8.ntp.cron の編集が終わったら実行権を付与しておきます
[root@localhost ted]# chmod 775 /etc/cron.daily/ntp.cron
 

 

 

 

 

  

 

 

 

(以下、参考資料)

↑このページの先頭に戻る

Linux アプリケーションのインストール方法

↑このページの先頭に戻る

 

 CentOS 5.7 では標準でNTPがインストールされている筈ですが、何かの具合でNTPサーバーをインストールしたい場合は次の要領で行います。

 

 

1.gcc、g++ コンパイラーのインストール

  先ず、root 権限 CentOS 5.7 にログインします。次に [アプリケーション]→[アクセサリ]→[GNOME端末]を開き、GNOME端末画面で、

 

[root@localhost ted]# yum install gcc*

 

とタイプしgccに関連するソフトウェア(コンパイラー)を纏めてインストールします。インストールが完了すれば各種アプリケーションの ソース.tar.gz ファイルからコンパイルし、インストールすることができるようになります。

 

 

 

2.NTPのインストール

 サーバーの時刻(パソコン内蔵時計)が狂っているとDSTARリピーダーとしての動作に支障をきすのでNTPで時刻の同期を行います。

 

 ・ソースの入手

http://www.ntp.org/downloads.html からNTPをダウンロードします。本稿執筆時点のバージョンは ntp-4.2.6p5.tar.gz でした。

 

 ・インストール

/work ホルダーを作成し、ここにダウンロードした ntp-4.2.6p5.tar.gz をコピーします。

端末画面で次のコマンドを発行します。

 

[root@localhost ted]# cd /work

[root@localhost ted]# tar xvfz ntp-4.2.6p5.tar.gz

[root@localhost ted]# cd ntp-4.2.6p5

[root@localhost ted]# ./configure

[root@localhost ted]# make

[root@localhost ted]# make install

 

これでインストールが完了し、設定ファイル /etc/ntp.conf が作成されている筈です。

 

 

 

3.外部参考リンク

● Linuxコマンド集

● NTPサーバー構築(ntpd)

 

 

 

 

 

↑このページの先頭に戻る